デジ一眼で散歩写真

傍に咲いている花の写真

コロナの影響で出歩かないのが普通になってしまって、このブログの更新頻度も激減してしまいましたが今日はカメラを持って散歩しました。場所は身近な「花フェスタ記念公園」

今日撮ったトップの写真ですが、過去の投稿を見てみると丁度1年くらい前にも同じような撮り方をした写真をアップしていることが判明。あまり進歩していないようです。。。

 

これは花じゃないですね、でも何度となく撮ってしまう。この枝を、、、


今の時期は紫陽花撮らないと


たまには縦位置の写真も
バックに「氷」ありますが、今日は昼から曇りでそれほど暑くない


レストランの裏側の通路脇に咲いていた花。バックがシンプルなので地味な花でも目立ちます。
この写真はゴチャゴチャしていないので、しばらくの間Macのデスクトップ画像にします。

独り言

今日はデジタル一眼レフがお供でしたが、デジタルカメラの時はどうしても撮影した後に液晶画面で撮れ具合を確かめてしまいます。そして「あれ、ちょっとイメージと違うな」ということで撮り直しする事もあるのですが、家に帰ってじっくり見てみると「やっぱり最初の1枚でいいじゃん」ということが多々あります。

フィルムはフィルムで「念のために露出を変えて撮っておくか」なんてことで、何枚か撮ったりするので同じことですが、決定的に違うのはデジタルの場合はその場で一応見られるし、後から修正できる範囲が広いので「助かる」の一言。フィルムの場合は、ネガを見て「これはこれで味がある」と納得して自分の心を『助ける』しかない。

 
以前、仕事で写真やっていた人がこんなことを言っていました。「撮った写真を現像前に依頼主に空輸するんだけど、胃が痛いよ」フィルムの頃のカメラマンは本当に大変だったと思います。
趣味でよかった

この記事の撮影データ・RAW現像
Nikon D810 + Zeiss Planar T* f/1.4 50mm
Adobe Lightroom Classic

コメント

タイトルとURLをコピーしました