A/Dコンバータ

A/Dコンバータとは

デジタルカメの撮像素子は、受光した光の強弱をに応じた信号を出力しますが、この時点ではアナログ信号をです。

A/Dコンバータは、撮像素子が出力したアナログ信号をデジタル信号に変換する装置で、A/Dコンバータへの入力信号が同じなら、A/Dコンバータのビット数が多いほど、より豊富な階調の画像データを得ることができます。

 
トップの画像はデジタルカメラでのスナップ写真です。
A/Dコンバータの事なんか何も知らなくても写真は撮れます。

【撮影データ】
カメラ : Nikon D810
レンズ : Zeiss Distagon T* f/2 28mm

コメント

タイトルとURLをコピーしました