お出かけ&散歩写真のすすめ


Nikon F6 + Zeiss Planar T* 1.4/50
film : PROVIA 100F

このカテゴリーについて
カメラを買ったものの何を撮っていいのか分からないとか、いい写真を撮りたいと思ってはいても被写体探しで壁にブチ当るなど、カメラに興味はあっていい写真を撮りたいのだけれど、何を撮っていいのか分からずに撮れない。。。みたいなことは初心者に限らず誰にでもあることですが、そんな時「こんな気楽な写真しか撮ってない人もいるんだ」みたいに楽な気分になってもらえばいいですし、このカテゴリーが何かのヒントになればいいかなと思って載せています。

お出かけ&散歩写真のすすめ

戦国の山城 久々利城跡散歩

Nikon F6 + Zeiss Planar T* f/1.4 50mm & PROVIA 100F 久々利城跡 室町時代、現在の岐阜県可児市久々利にあったのは久々利城 トップの画像は「奥の院」(と説明されていた記憶ですが自信なし)から本丸方向を見下ろす感じで撮影 城跡の南西側を通る街道の名前が「安土桃山街道」ということなので、当時は戦略上の重要な地点だったのかなと私は勝手に考えています。 簡単すぎる歴史説明 室町の頃の城主は土岐久々利氏で、岐阜...
お出かけ&散歩写真のすすめ

桜の写真

Nikon F6 + Zeiss Distagon T* f/2 28mm & PROVIA 100F 今年は「不要不急」の外出は控えなくてはいけないので桜の写真は撮りに行けないかなと思っていますが、散歩のついでに撮るくらいは良いだろうと思っていたら雨・・・ ということで2年前の散歩写真を少しだけ お気に入りのカメラにフィルムを入れて散歩するのは楽しい。 桜の名所でなくても、満開でなくても、自分のペースで惹かれた光景を撮るのが楽しい。
お出かけ&散歩写真のすすめ

岩村城城下町散歩写真

Nikon D810 + Zeiss Planar T* f/1.4 50mm 岩村城城下町散歩写真 岩村城の麓にある城下町、昭和の雰囲気を残した街並みで2018年のNHK連続テレビ小説の撮影地で知られています。 町の紹介ではなく、単焦点標準レンズ1本での散歩写真です。 城下町の西の方(城跡と反対側)にある道標のところ、何となくこの光景が気に入りました。ちょうどこの時は昭和のバイク、ヤマハのSRも近くに止まっていてくれたのでパチッしました。 トッ...
お出かけ&散歩写真のすすめ

女城主の里 岩村城散歩写真

Nikon D810 + Zeiss Distagon T* f/2 28mm 女城主の里 岩村城散歩写真 今回は、女城主で知られる岩村城 当時の石垣が残っていて良いですね。 アイキャッチ画像もトップの画像も天守ではなく麓にある「太鼓櫓」という場所、この写真は道路側から撮っていますが、反対側が歴史資料館になっていて車が駐車できるので、ここに車を駐車して天守跡を目指します。 公共交通機関の方は明智鉄道の岩村駅が最寄りで、城下町の端に位置するのでそこから城下町を...
お出かけ&散歩写真のすすめ

美濃金山城跡で散歩写真

Nikon D810 + Zeiss Distagon T* f/2 28mm【この記事の写真全て】 美濃金山城 美濃金山城は、1537年、斎藤道三の命を受けた斎藤大納言(妙春)と言う人が築きました。当時は烏峰城と言われていましたが、1565年、織田信長の家臣森可成が城主となって「金山城」と名前が変わりました。 本能寺の変の時、織田信長と一緒に討ち死にした「森蘭丸」は当時この城の城主ですので、この城跡も明智城と同じでNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に関係の深いお城...
お出かけ&散歩写真のすすめ

飛騨街道金山宿「筋骨めぐり」

【撮影データ共通】Nikon D810 + Zeiss Distagon T* f/2 28mm 飛騨街道金山宿「筋骨めぐり」 筋骨とは 筋骨というのは、飛騨地方の呼び名で細い路地が迷路のように絡み合っている公道のこと。筋や骨のようにからみ合う人間の体に例えています。 今でも筋骨は、そこに住む人々の近道として活用され生活に密着した生活道路です。(金山町観光協会 散策マップより抜粋) 飛騨街道金山宿でお散歩写真 江戸時代には、飛騨街道の宿場町として賑わった金...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました