写真の雑学・豆知識

写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題紹介2

平成30年度フォトマスター検定1級の問題紹介 一回だけにするつもりでしたが2回目です。 今回は平成30年度フォトマスター検定1級問題の第32問、33問、34問です。 問題 『中間リング』(接写リング)をレンズとカメラの間に入れると、レンズの後側主点から撮像面までの距離が長くなり、最短撮影距離を短くできるのと同時に撮像面に当たる光量も減少することになる。この光量の減少度合いを(ア)で表わし、(ア)はレンズの焦点距離とこの『中間リング』の厚みによって変わる。その(...
写真の雑学・豆知識

インクジェットプリンターのインクの種類とプリント用紙の話

インクジェットプリンターのインクの種類 インクジェットプリンターに使われるのは顔料インクと染料インクの2種類のインクで、それぞれの特徴は以下の通りです。 顔料インク 用紙に染み込まずに乾燥する特性があり、耐水性に優れているので水に濡れてもにじみにくい。 染料インク 髪に浸透し易い性質があるので用紙によっては滲んでしますことがあるが、光沢性に優れているのと豊かな階調、クリアーな色彩が長所です。 白色度 白色度とは、反射率が100パーセントの完全拡散面に対してど...
写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題紹介

平成30年度のフォトマスター検定問題を1問だけ紹介します 私が受験した昨年のフォトマスター検定問題を紹介します。 紹介するのは1級の問題8と問題9です。 (これを選んだのに深い理由はなく開いたところがこれだっただけです) フォトマスター検定の問題は試験が終わると持ち帰ることが出るので手元にある問題から丸写しです。 問題 「撮影時には、期待する画像の明るさや撮影状況から露出補正を行うことがある。たとえば、(ア)を行うことは、EV値でいうと(イ)にするよう...
写真の雑学・豆知識

カメラのレンズにつけるフィルターの種類と役割【初心者向け】

デジタルカメラでもフィルムカメラでもフィルターは必要です デジタルカメラでもフィルターを着けて写した方がいい場合があります。 フィルター選びの参考になればと思い少しだけ・・・ デジタルカメラ全盛となり後からフォトショップで加工しようということで出番の無くなりそうなものもありますが、フィルムで撮るなら撮影目的によっては無くては困るアイテムです。また、フォトマスター検定を受けようとしている人には問題として出題される可能性もあるので何となく位には理解していた方がい...
写真の雑学・豆知識

画素数とプリント解像度からプリントサイズを求める【初心者向け】

Nikon D700 印刷したい画像の画素数とプリント解像度が決まれば最大プリントサイズも決まる このブログは初心者の方を中心に写真に関する情報を発信していますので順番にゆっくり説明していきます。 画素数とは デジタル画像は一つ一つの点で構成されていますが、その点のことを「画素」(ピクセル)と言い、カメラの性能表で1600万画素とか2400万画素などと書かれていて、購入するカメラを比較検討する時に多くの方が参考とする項目です。 今から説明するのはプリントしよ...
写真の雑学・豆知識

ストロボを多投発光した時のガイドナンバー

画像と記事の内容は全く関係ありませんが ストロボを2台同じ位置から照射した時のガイドナンバーの計算方法について こんなことをやる機会はほとんどないと思いますが、フォトマスター検定などでは出題される可能性がありますので書いておきます それぞれのストロボのガイドナンバーを2乗してから、足して、平方根 ですから、ガイドナンバー20と30のストロボを、同じ位置から発光する時の計算式は √20^2+30^2 (^2は、2乗のこと)上に上げる小さな数字の出し方が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました