写真の雑学・豆知識


Nikon D700 + Nikkor 105mmMakro f/2.8

このカテゴリーについて
カメラを使って写真を撮るために必要な、最低限のことはカメラの基礎知識を見れば大体わかるとは思いますが、デジタルカメラで撮るにしても、フィルムカメラで撮るにしても知っていれば役に立つことはまだまだ沢山あります。ただ、それを系統的に全部書くのはチョット無理かなと思ったので、こちらのカテゴリーに雑学的なことも含めてアップしていこうと思っています。

写真の雑学・豆知識

フランジバックとバックフォーカス

【撮影データ】 カメラ : Nikon D810 レンズ : Zeiss Distagon T* f/2 28mm フランジバックとバックフォーカス フランジバック レンズの取り付け基準面(レンヌ交換式の一眼レフなどでいうとマ...
写真の雑学・豆知識

35mm換算の話

【撮影データ】 カメラ : Nikon D810 レンズ : Zeiss Distagon T* f/2 28mm 35ミリ換算の話 確認の意味で「35mmのカメラ」というのは、フィルムカメラ全盛時代に最も普及していたカメラで、...
写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題6

フォトマスター検定の問題6 平成30年度 フォトマスター検定1級の問題5~7の紹介です 問題 「昨今多くのカメラはAE(自動露出)制御機能を搭載しており、その測光機構の仕組みは(ア)と同じものである。また、測光精度も高く、AE...
写真の雑学・豆知識

A/Dコンバータ

A/Dコンバータとは デジタルカメの撮像素子は、受光した光の強弱をに応じた信号を出力しますが、この時点ではアナログ信号をです。 A/Dコンバータは、撮像素子が出力したアナログ信号をデジタル信号に変換する装置で、A/Dコンバータへ...
写真の雑学・豆知識

IRカットフィルター

IRカットフィルターとは 赤外線カットフィルター 赤外線吸収ガラス デジタルカメラの撮像素子は赤外線にも反応してしまうためにそのままでは見た感じと違う発色(というか写り)になってしまうので、視覚に近い発色にするために人間が感じ...
写真の雑学・豆知識

ローパスフィルター

ローパスフィルターとは 撮像素子の前面に配置され、高波長の光はカットし低波長の光を通過させるため、撮像素子の規則的な配置と、被写体の規則的な模様とが干渉して発生する色モアレや、偽色を低減する。 ローパスフィルターは詳細な部分をぼ...
写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題5

平成30年度 フォトマスター検定1級 問題13、問題14の紹介です。 問題13と問題14は、次の文章を読んでそれぞれ回答すること 「多くのAF一眼レフカメラやノンレフレックスカメラ(ミラーレスカメラ、一眼カメラなどともいう)に搭載...
写真の雑学・豆知識

色モアレと偽色

色モアレと偽色 色モアレとは 被写体の状態(模様など)と撮像素子の配列パターンが干渉しあって発生する現象で、網目のような細かい連続模様のある被写体をデジタルカメラで撮影した場合に、実際にはない縞模様(干渉縞)が映り込むこと。...
写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題紹介4

今回はフォトマスター検定平成30年度準1級の問題56です 問題 「デジタルカメラやフォトレタッチソフトに関する用語として『ダイナミックレンジが広い』という言葉と『コントラストが高い』という言葉がある。この『ダイナミックレンジ...
写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題紹介3

フォトマスター検定平成30年度準1級の問題紹介 フォトマスター検定の試験を受けると問題は持ち帰ることがでいるので、これまでに2回1級の問題を紹介していますが、今回は『準1級』を紹介します。 平成30年度の準1級問題53と問題...
写真の雑学・豆知識

イメージサークルの話

レンズのイメージサークルについての説明 レンズは円形に像を結びますが、レンズがシャープな像を映し出す円の範囲をイメージサークルと言います。 最近のデジタルカメラは、フィルムと同じフルサイズ撮像素子のもから、APS-Cサイズや...
写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題紹介2

平成30年度フォトマスター検定1級の問題紹介 一回だけにするつもりでしたが2回目です。 今回は平成30年度フォトマスター検定1級問題の第32問、33問、34問です。 問題 『中間リング』(接写リング)をレンズとカメラの間に入...
タイトルとURLをコピーしました