写真の雑学・豆知識


Nikon D700 + Nikkor 105mmMakro f/2.8

このカテゴリーについて
カメラを使って写真を撮るために必要な、最低限のことはカメラの基礎知識を見れば大体わかるとは思いますが、デジタルカメラで撮るにしても、フィルムカメラで撮るにしても知っていれば役に立つことはまだまだ沢山あります。ただ、それを系統的に全部書くのはチョット無理かなと思ったので、こちらのカテゴリーに雑学的なことも含めてアップしていこうと思っています。

写真の雑学・豆知識

クローズアップレンズ

HASSELBLAD 501CM + Planar T* C80 & PROVIA 100F/Kenko クローズアップレンズ No.3 クローズアップレンズ 接写をするときに一番いいのはマクロレンズを使う事、ビックリするくらい近くに寄れるので花や昆虫を大きく感動的に映すことができますが値段が高い。 もう少し安く接写をしたいなら、レンズと本体の間に中間リングなどを入れるか、レンズの先にクローズアップレンズと言われるアタッチメントを取り付けて撮る方法...
写真の雑学・豆知識

フランジバックとバックフォーカス

【撮影データ】 カメラ : Nikon D810 レンズ : Zeiss Distagon T* f/2 28mm フランジバックとバックフォーカス フランジバック レンズの取り付け基準面(レンヌ交換式の一眼レフなどでいうとマウントの位置)から、フィルム(撮像素子)までの距離のこと バックフォーカス レンズの最後面(カメラ側のレンズ)から、フィルム(撮像素子)までの距離のこと トップの写真は花フェスタ記念公園でのスナップですが、白黒写真に変換したら...
写真の雑学・豆知識

35mm換算の話

【撮影データ】 カメラ : Nikon D810 レンズ : Zeiss Distagon T* f/2 28mm 35ミリ換算の話 確認の意味で「35mmのカメラ」というのは、フィルムカメラ全盛時代に最も普及していたカメラで、パトローネに入ったフィルムを使う、昭和生まれの人がカメラと言ったら最初に想像する写真機です(多分)。 皆さん憧れのライカやNikonF6とかCanonF1、PENTAX LXなど各メーカーのフラッグシップ機を始め沢山の種類がありました...
写真の雑学・豆知識

フォトマスター検定の問題6

フォトマスター検定の問題6 平成30年度 フォトマスター検定1級の問題5~7の紹介です 問題 「昨今多くのカメラはAE(自動露出)制御機能を搭載しており、その測光機構の仕組みは(ア)と同じものである。また、測光精度も高く、AE(自動露出)制御機能を使う多くの撮影において好みを別として良好な明るさの画像を期待できる。しかしながら、被写体が夜景である場合などでは、目で直接見た場合よりも明るい画像になる事がある。これは、(イ)で、これを解消するには、(ウ)とより見た目...
写真の雑学・豆知識

A/Dコンバータ

A/Dコンバータとは デジタルカメの撮像素子は、受光した光の強弱をに応じた信号を出力しますが、この時点ではアナログ信号をです。 A/Dコンバータは、撮像素子が出力したアナログ信号をデジタル信号に変換する装置で、A/Dコンバータへの入力信号が同じなら、A/Dコンバータのビット数が多いほど、より豊富な階調の画像データを得ることができます。 トップの画像はデジタルカメラでのスナップ写真です。 A/Dコンバータの事なんか何も知らなくても写真は撮れます。 ...
写真の雑学・豆知識

IRカットフィルター

IRカットフィルターとは 赤外線カットフィルター 赤外線吸収ガラス デジタルカメラの撮像素子は赤外線にも反応してしまうためにそのままでは見た感じと違う発色(というか写り)になってしまうので、視覚に近い発色にするために人間が感じられない赤外線をカットするフィルターのことで、通常はローパスフィルターとセットで撮像素子の前面に配置されている。 デジタルカメラの記事ですが、写真はフィルムで撮った花の写真です。 赤外線のテーマだったので赤い花にしてみました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました