SIGHT OF MINE

趣味の写真あれこれ

スナップ, 写真学習の記録

被写界深度

青色の紫陽花と蜂

Nikon F6 + Planar T* 50mm / PROVIA 100F

 

 

今日読んだところに書いてあったのは「被写界深度」の話

被写界深度とは

ピントを合わせた位置の前後でもピントが合っているように見える範囲

被写界深度は
絞りを開ける(小さい数字の方)と浅くなり、絞る(大きい数字の方)と深くなる
レンズの焦点距離が長いほど浅く、焦点距離が短くなる程深い(望遠は浅い、広角は広い)
ピントの位置が近い方が浅く、遠くなると深くなる

基本はピント位置より手前の方が、奥より浅くなる

まあ、これは写真を撮っている方ならみなさんご存知の通りですが

本には、被写界深度の求め方の計算式が書いてありました。でも
レンズに印が入っているし、難しい式だったので読み飛ばし(^^;
(また今度見ればいいかみたいな感じです)

話は変わって、記事のアイキャッチ画像
見ての通り被写界深度は浅いですが、運よくピント範囲に蜂が入りました。
『good job 俺』

にほんブログ村 写真ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です