シャッターの仕組み

シャッターの仕組みとストロボ同調について説明しています

フォーカルプレーンシャッターというのは

フィルム面の直前(ボディーに組み込まれている)にあって、2つの幕(先幕と後幕)で露光時間を調整するもので
先幕が動き始めて閉じていた状態から光が通る隙間が作られて、後幕が動いて光が通る隙間を閉じていきます

レンズシャッターというのは

レンズに組み込まれていて、絞りのような羽を動かして露光時間を調整するもの

フォーカルプレーンシャッターとストロボ同調

フォーカルプレーンシャッターで高速シャッターが実現できるのは、先幕が全開する前に後幕が動き出し、先幕と後幕の間にできた隙間(スリット)から得られる時間で露光しているためで、高速シャッターではフィルム全体を同時に露光しているのではありません

このフォーカルプレーンシャッターの仕組みが「ストロボ同調速度」に関わってきます

ストロボが光ってフィルム面全体に光を当てるためには、ストロボが光った瞬間にシャッターが全開になっている必要がありスリット幅を利用した高速シャッターの時ではフィルム面の一部にしか光が当たらず上手くいきません

イメージ図で説明すると
シャッター幕の動きのイメージ図
シャッターが作動する前の状態、オレンジ色が先幕、緑色が後幕です

シャッター幕の動きのイメージ図
先幕(オレンジ)が動き始め、黄色の部分に隙間ができて光がフィルムに当たります
そして、任意の場所で後幕も動き始めます

シャッター幕の動きのイメージ図
隙間(黄色)がフィルム面を順番に露光して

シャッター幕の動きのイメージ図
先幕が動作を終了

シャッター幕の動きのイメージ図
後幕も動作を終了して露光が終わりシャッターチャージで元に戻るというのが基本的な動きですが、この状況でストボロを発光しても黄色い部分以外は真っ黒になります

画面全体をストロボの光で露光するには
シャッター幕の動きのイメージ図
オレンジ色が先幕、緑色が後幕です

シャッター幕の動きのイメージ図
先幕動作開始(中間地点まで開いた状況)、黄色は隙間

シャッター幕の動きのイメージ図
先幕が動作を終了して隙間が全開になり、後幕が動き始める前のこの状況で発光させます

シャッター幕の動きのイメージ図
後幕が動作を開始(中間地点までしまった状況)

シャッター幕の動きのイメージ図
後幕も動作を終了というシャッター幕の動きになります

ストロボを同調させるためには、3枚目の図のようにシャッター幕が全開になるシャッター速度でなければダメなのです

最近のカメラではストロボに同調できる最速のシャッター速度は1/250秒くらいで、この速度をストロボ同調速度ということが多いですが、これよりも遅い速度でストロボ同調撮影が可能となります

これは余談なんですが、35ミリ一眼レフカメラの場合フィルム面の大きさは縦24ミリ横36ミリです、もしシャッター幕の移動速度が秒速24ミリ(こんなに遅いのはありえませんが計算上の例えです)のカメラがあったとしたら、ストロボ同調速度は1秒かかってやっと全開になるので「1秒」になります。同調速度1/250秒のシャッター速度はどれくらいの速さかというと、1秒のものより250倍早いので24×250=6000、秒速6000ミリ(秒速6メートル)となります。
シャッター速度(1/250など)=スリット幅 / シャッター幕の移動速度(上の場合24/6000)という関係も成り立ちますのでフォトマスター検定なんかでは役にたつかもしれません。

レンズシャッターとストロボ同調

レンズシャッターは「すべてのシャッター速度で問題なく撮れます」
絞りの羽みたいなのが動いて中央から開いて閉じる仕組みなので大丈夫です
但し、レンズシャッターの構造から1/500秒くらいが限界で、それより速いシャッターは切れません

シャッターの関係では、ストロボと組み合わせると色々ありますので、そのことは【シンクロ撮影】のところで説明します。夜景と一緒に発光するとか昼間の補助光などです

シャッター速度と手ブレについて

シャッターのレリーズボタンを押すときは『優しく』しましょう。乱暴に押すと、その瞬間にカメラも動いてしまし画像がブレてしまい台無しになります

特に低速域のシャッターを切るときときは注意が必要です(最近は手振れ補正機能というものありますが、オールドカメラを使うときには使えません)

手ブレの限界速度は(個人の技量差もありますが)
1/着けているレンズの焦点距離という雑誌の記事を読んだことがあります
50ミリの標準レンズなら1/50秒です

タイトルとURLをコピーしました