シャッター速度・効果と作例

シャッター速度の違いによる写り方

シャッタースピードの違いによる写り方の変化

シャッターの速度は、最近の機種なら早い方は1/8,000秒、遅い方はB(バルブ)モードを使えば、どれだけでも長く出来ます

最高速の1/8,000秒でしたら、たいていのものは止まった状態で写すことができ
例えば1/2秒などといった低速シャッターを切れば動いているものはブレて写ります

シャッタースピードの違いによる作例

このことを利用して様々な表現が出来ます。例えば
肉眼では繫がって見える様な水しぶきを水滴一粒ずつ写したり(高速シャッター)
実際には人が行き交っている道路を人がいない様に写したり(超低速シャッター・バルブ撮影)
ブレの効果を利用して撮る「流し撮り」(低速シャッター)というテクニックなどです

一例を載せます

高速シャッターの作例
ホースから出るシャワーの水を1/8,000秒で写したもの

スローシャッターの作例
こちらは1/5秒で写したものです

違う状況のものを

高速シャッターの作例
ゆるい風が時々吹いていて旗はそれなりに揺れますが高速シャッターで止まります
1/1600秒

低速シャッターの作例
同じように風が吹いている時スローシャッターで捉えると揺れて写ります
1/13秒

スローシャッターの作例
上のスローシャッターの時よりも弱い風の状態でしたが揺れが大きく写せました
2秒

camera : Nikon D810
lens : Zeiss Planar T* 1.4/50

流し撮り

流し撮りはメインの被写体が止まっていて背景が流れているやつです。

流し撮りをするときのシャッター速度は、経験では1/30秒くらいかなと思います。レーシングカーみたいに早ものならもっと早い速度の方がいい気もしますが、技術的な指導ができるほどの経験がありません。何れにしても、どう表現したいかという撮る人の意思ですので色々試してみてください

1/250秒よりも早いシャッターを一般的に高速シャッターと言っています。如何に早いシャッター速度を実現するかは技術の進歩そのもので、ニコンの場合の最高速度は
NikonF:1/1,000秒
NikonF2:1/2,000秒
NikonF3:途中から1/4,000秒
NikonF4以降:1/8,000秒
となっています
タイトルとURLをコピーしました