EV(EV値)

EV(エクスポージャー・バリュー)について説明しています

EVとは

EVというのはExposure Value(エクスポージャー・バリュー)の略で露出の明るさを示すもの
ある特定の絞り値とシャッター速度の時の明るさを数値的に表したものになります

 
EV=0(ゼロ)は、絞りが1・シャッター速度1秒の明るさを言い、これが基準となります

 
そしてEV0の時よりも2倍の明るさになった時
つまり、絞りがf1.4とかシャッター速度が1/2秒の明るさの時がEV1です

絞りとシャッター両方を1段づつ絞ったり早くすると、合わせて2段分操作したのでEV2ですが
こんなことを文章で説明していると大変だし、何よりわかりずらいので一目瞭然の表にします

 
その前に、EVと同じような記号で「AV」とか「TV」と言う値があります
この2つがEV値の変化を理解するのに非常に役立ちますので先に説明します(一部のメーカーでモードダイヤルにAvとかTvと表記されていますが、それとは直接関係ないです)

AVとは

AVというのはAperture Valueの略で
レンズの絞りの口径を示す数値です

絞りがf1.0の時がAV0(f1.0=AV0)となり
絞りが1段絞られる(露光量が1/2)とAV1になり
絞りが1段絞られる毎に、1つ増えていきます

TVとは

TVというのはTime Valueの略で
シャッター速度を示す数値です

シャッター速度が1秒の時がTV0(1s=TV0)となり
速度が1段早くなる(露光時間が1/2)とTV1になり
シャッターが1段早くなる毎に、1つ増えていきます

EV=AV+TVとなり、表にするとこうなります

EV換算表
ISO感度100の場合の換算表です

感度が400だったらどうすればと思われた方感度が400つまり4倍なので、2段分ずらせばいいです。表で絞り8・シャッター速度1/250秒だったら、絞り8・1/1000秒という具合に絞りかシャッターどちらかで2段分、あるいは両方1段づつ露出量を減らします。

タイトルとURLをコピーしました