露出補正(&必要な理由)

露出補正が必要な理由と実例について

露出補正

露出補正とは、カメラが示した数値に対して意図的に露出量を増やしたり減らしたるすことで、露出量を増やすことをプラス補正露出量を減らすことをマイナス補正と言い、絞りやシャッター速度を操作する事で行う。

露出補正という言葉は、写真が完成するまでに様々な場面で使われると思いますが、ここで説明する「露出補正」は、撮影時の露出補正に限定します

 
露出補正を必要とするのは、反射光式露出計を使って測光した場合で、カメラ内蔵の露出計もこれに該当するので「あれぇー、撮った写真が見た目と違う」というカメラ初心者の「あるある」に答えるページかも知れません。

露出を測定する方式の違いから説明します。

入射光式露出計と反射光式露出計

露出を測る仕組みとして「入射光式」と「反射光式」があります。

私の使っている露出計なのですが
露出計の画像L208

入射光式露出計

入射光露出計として使いたい場合は
露出計の画像L208
このようにして
赤丸で囲んだ受光部を、被写体の位置からカメラの方向に向けて測ります。

反射光式露出計

反射光式露出計として使いたい場合は
露出計の画像L208
このようにして
赤丸で囲んだ受光部を、カメラの位置から被写体の方向に向けて測ります。

入射光式の場合は被写体に当たる光を直接図っているのに対して、反射光式は被写体から反射してくる光を図っているという点が大きく違います

なので、入射光式の場合は出た数値そのままで撮影すれば良いです
 

反射光式露出計で補正が必要な理由

反射率18パーセントの物体(ニュートラルグレーと言われる灰色)からの反射光を受けた時、忠実に再現するように設計されています。なので、カメラはどんな色のものでも反射率18パーセントのグレーに写るように数値を決めてきます

実際は白いものほど反射率が高く、黒いものほど反射率が低いのでカメラにその事を教えてやる必要があるので、画面に雪などの白いものが多くあるときはプラス補正し、黒いものが多い時にはマイナス補正が必要になります。

プラス補正というのは、露出の量を多くすることですから露出計の示す数値より絞りを開けたり、シャッター速度を遅くする操作をすることで、マイナス補正はその逆の操作です

逆光の状態でも基本プラス補正が必要となります

 

露出補正の具体例

これを読まれている初心者の方の関心は「どんな状況で、どれくらい補正したら良いのか教えて欲しい」ということがあると思いますが、光の方向とか色々な色があって条件が様々ですから経験で会得する以外ないです。(今時のデジタルカメラの場合はモニターで大体の感じは確認できます)

補正量は、カメラの測光方式によっても違ってくると思いますので、自分の得意(常用の)測光方式を決めておいたほうがいいと思います。測光方式は「中央重点測光」「スポット測光」「マルチパターン測光(ニコンの言い方)」が代表的です。

以下にいくつか補正の実例を紹介しておきます。

測光方式は中央部重点測光
撮影は絞り優先モード左側が補正したもの右側がカメラ任せの露出です。
補正した方が見た目に近い明るさですが個人の主観もありますので参考程度です。

白い花
露出補正の作例写真
補正量+2
少し補正量が多すぎたです。

真逆光ではないけど逆光状態
露出補正の作例写真
補正量+1
逆光の場合は、大体+1.0から1.5だと思います。

直射日光の当たっていない緑の葉
露出補正の作例写真
補正量-0.67(-2/3)
緑色とか赤色は意外にもマイナス補正の方が良く、赤い薔薇なんかもマイナスだと思います。

日陰に置いてある薪
露出補正の作例写真
補正量-0.67(-2/3)

やや逆光の花
露出補正の作例写真
補正量+1
春に咲く花、私的にはこの感じ

やや逆光の地面
露出補正の作例写真
補正量+0.67(+2/3)

日陰のこんな感じ
露出補正の作例写真
補正量-0.67(-2/3)

黒っぽい石積み
露出補正の作例写真
補正量-0.34(-1/3)

春の青空と白い雲
露出補正の作例写真
補正量+1.67(+1段と2/3)

camera : Nikon D810
lens : Zeiss Planar T* 1.4/50

タイトルとURLをコピーしました