絞りの効果と作例

レンズの絞りの変化よる写り方の違いについて

絞りの効果

露出のところで説明したとおり、レンズについている「絞り」はレンズを通過してくる光の量を調節する役目がありますが、絞りを操作することによって写真の写り方が変わってきます

厳密にいうと、レンズの特性である収差とか回析現象など難しいこともありますが、そういった難しいことには触れずに「被写界深度」に限定して説明します

被写界深度

カメラを構えて何かを写そうとする場合、カメラから被写体に向かって線を引いたと仮定すると、ピント(焦点)はその線上の一点でしか合いません

しかし、そのピント面の前後でピントが合っている様に見える範囲があります。
この範囲のことを被写界深度と言います

 

被写界深度の量は一定ではなく条件により変わり、基本的には

  • 絞りを開いた(小さい数字)ほど狭く、絞った方が広い
  • ピントの位置が近いほど狭く、遠いほど広い
  • 同じ絞りなら望遠レンズの方が狭く、広角レンズの方が広い
  • 焦点面より手前に浅く、奥に広い

という性格があります。

撮影時の被写界深度の確認方法は、フィルムカメラでもプレビューボタンがあるレンズならプレビューボタンを押すと絞りが撮影時の状態になるので写ったときの感じが分かります

以下に50ミリ、28ミリ、85ミリのレンズで絞りと撮影距離を変えて撮ったものを載せてみます。
どの組み合わせも、絞りは上から順にf2/f4/f11
ピント位置はペットボトル(微妙にずれているのありますが)
カメラの位置は全て同じです。

50ミリ・撮影距離1メートル

50ミリ・撮影距離3メートル

28ミリ・撮影距離1メートル

28ミリ・撮影距離3メートル

85ミリ・撮影距離1メートル

85ミリ・撮影距離3メートル

camera : Nikon D810
lens : Zeiss Distagon & Zeiss Planar

蛇足ですが、絞りの選択は何をどう撮るかという撮影者の意思を反映する大切な要素だと思います。

 

過焦点距離

過焦点距離というのは、被写界深度の奥(遠い方)が無限遠に届く一番近いピント位置です

この位置にピントを合わせると、ピントを合わせた距離の1/2の距離から無限遠までが被写界深度の中に収まり(ピントが合った様に写り)ます

過焦点距離というのは、一応計算式で求めることが出来て
過焦点距離=(焦点距離の2乗)/(許容錯乱円×絞り値)
で求められます

計算式を知らなくても撮影には影響しませんが、レンズにはこれに関係した重要な情報が表示されていて知らないと大損です

最新のレンズには表示さていませんが、以前は


の様に目盛りがありました。

赤色の丸で囲んだ部分ですが、中央の線の両側に(4/8/16)と数字が書いてあります。
ある絞りに設定した時、それと同じ数字の目盛りで挟まれたピント目盛の範囲が被写界深度に入りますという表示です。

上の写真は絞りは8ですので、目盛の8で囲まれた範囲の5メートルから無限遠付近までピントがあったように写り、下の写真なら絞りが4ですので、目盛の4で囲まれた範囲(3.5メートル付近から5メートル手前付近)までピントがあったように写るということです。

 

回析現象

絞り込むほど被写界深度が広くなり、ピントが合っている様に見える範囲が広くなていきますが、あまり絞り込みすぎると、画面全体の解像力が低下してボケたように写ってしまうこと

光が波長であるために起こる現象で、絞りの穴を通過した光が絞り羽根を回り込む様に進むのが原因ですが、ここでは絞り込むほど鮮明に写るわけではないということだけ分かっていただければいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました