SIGHT OF MINE

趣味の写真あれこれ

スナップ, 写真学習の記録

色温度

教会

Nikon F6 + Distagon T* 28mm / ACROS100

 
 

光にも温度があって、色温度(いろおんど)と呼ばれる

 

色温度を表す単位は K(ケルビン)

 
色温度が高いと青白く、低いと赤くなる
 
 
光源と色温度の目安は

天空光;12000K
日蔭:7500K
曇天:6500~7000K
晴天日中:5500K
ストロボ光:5500K
白色蛍光灯:4200K
フラッシュバルブ:3800K
朝日・夕日:3500K
白熱電球:2800K

 
カメラのホワイトバランス設定値より、高い色温度の光源で撮影すると青味がかかり
ホワイトバランス設定値より低い光源で撮影すると赤みがかる
 
 
写真は明治村でのスナップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です