SIGHT OF MINE

趣味の写真あれこれ

写真学習の記録, 静物写真

相反則不軌

Nikon D700 + AF Nikkor 50mm f/1.4D


 

相反則不軌とは

フィルムの感度は、露出量に比例してオーバーになったりアンダーになったりするが

露出時間が極端に長くなったり、極端に短くなったりすると、
フィルムの実効感度が低下すること。

実効感度の低下以外には、カラーバランスやコントラストも変化することもある。

 
バルブでの長時間露光や1/8000秒を超える高速シャッターでは
プラス側への露出補正や補正フィルターが必要となる。

 
記事写真は、それとは関係のない wine glass
(同じ画像をアップしてたみたいで差し替えました)

間違えてアップしていたのは
黒バックにワイングラス
でした。

にほんブログ村 写真ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です